翻訳家にオススメの副業3選!翻訳スキルを活かして稼ぐ方法

最近何かと話題の働き方改革、気になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この働き方改革ではいくつもの「働き方の変化」が注目されていますが、中でも話題になっているのが「副業」です。
この働き方改革の推進により、これからますます副業が見直されていくことが予想されます。

今回は、たくさんある仕事の中から「翻訳家」に焦点を充てて、翻訳家に向いている副業をご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 副業に興味のある翻訳家の方
  • 転職を考えている翻訳家の方
  • 収入を増やしたい翻訳家の方

という方は最後までこの記事を読んでみてください。
きっとお役に立てるかと思います!

それでは翻訳家におすすめの副業をご紹介していきますね。

翻訳家の仕事について

翻訳家の仕事について

翻訳家の副業についてお話する前に、まずは本業となる翻訳家の仕事内容や労働環境、給料水準などを確認してみましょう。

翻訳家は、語学、そして文章力や表現力が求められるお仕事ですので、スキルが高い方が多い傾向にあり、転職希望者も多くなっています。
肉体労働を必要とする職業ではありませんが、労働時間が長時間になりやすく、一人で仕事を完成さるために時間と手間がかかるので、労働環境は実は過酷です。

翻訳家の仕事内容と労働環境について、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

翻訳家の仕事内容

翻訳家の仕事内容

翻訳家の仕事内容は、外国語で書かれた文章を日本語に直したり、逆に日本語で書かれた文章などを外国語に翻訳するのが仕事です。

つまり、最低でも2つの言語に関するスキルが高くなければならず、2つの言語間でいかに発信者が伝えたいことを正確に伝えるかが大きなポイントになります。
当然、翻訳家になるだけでもかなり大変で、努力して翻家になったという方も少なくありません。

翻訳する文章は、小説や漫画などはもちろん、契約書や取扱説明書、手紙、法的な文章、ビジネスレター、商品紹介など実に多岐にわたります。
翻訳家は言語のプロフェッショナルであると同時に、言葉のプロでもあるのです。

翻訳家の労働環境

翻訳家の労働環境

翻訳家の労働環境は、基本的にはインドアです。

屋外で肉体労働をする必要はほとんどなく、極端に体力が必要という環境ではありません。
と聞くとなんだか楽な仕事のようにも思えますが、実は翻訳家の労働って過酷なんです。

翻訳家は多い人だと一日あたり7000文字から1万字程度の文字を翻訳していきます。
その間場座りっぱなしなってしまいますし、丁寧に言葉をかみ砕いて理解し、そして、別の言語に変換していくわけですから、時間もかなり掛かります。

自分の言葉で表現をする小説化やライターとはまた別の大変さがあるのです。

そして、原稿には締め切りがありますから、締め切り前には時間に終われることもしばしばです。
昼夜問わずいつでもできる仕事ですから、自分の好きな時間に作業ができるという魅力はありますが、どうしても生活スタイルが乱れやすくなってしまいます。

PCを使っての作業がメインですから、肩こりや目の疲れ、ブルーライトのダメージなども避けられません。
翻訳家は、肉体労働ではないものの、かなり過酷な労働環境であることがわかりますよね。

翻訳家の給料水準

翻訳家の給料水準

翻訳家の給与は、人によって、言語によって、翻訳する文章の重要性によって大きく変わります。

もちろん、ベテランの熟練翻訳家は報酬が高くなりますし、翻訳できる人が少ないレアな言語を習得しているという場合も報酬は高めです。
そして、重要な文章の翻訳であればあるほど責任も重くなりますが、報酬も高くなる傾向があります。

その一方で、習得している人が多い言語の場合は仕事がなかなかないということもありますし、報酬も低めです。

つまり言語を習得していて、どの程度の言語力があるかが報酬に直結してしまうのです。

翻訳家の転職者数

翻訳家の転職者数

翻訳家は、労働環境の過酷さもさることながらもともとスキルが高く仕事でも活躍できる人が多いので転職者数も多い傾向にあります。

努力して翻訳家としてもスキルを手いれた人も多く、根が真面目で勤勉な人が多い為、企業の会社員としても活躍できますし、自分で独立して仕事をしていくこともできます。

翻訳家の転職者数を表す統計はありませんが、翻訳家から他の仕事に転職する人は少なくありません。

翻訳家としてもスキルがあれば、人によっては通訳もできるでしょうし、ライターとしても活躍できます。
また、企業でも外国との交渉や接客に重宝される優秀な人材として迎えられることも多く、転職に困ることはあまりないといっていいでしょう。

翻訳家の労働環境がブラックであることも手伝って、転職希望者が多くいるのがこの業界です。

【無料】10万件の企業口コミが掲載!失敗しない転職が可能
キャリコネの公式サイト
※企業の面接内容までわかりる!口コミ・年収情報は国内最大級

翻訳家の副業事情について

翻訳家の副業事情について

過酷な労働環境と個々の能力が高い人が多い翻訳家ですが、副業をしている翻訳家もたくさんいます。

副業をする理由はもちろん人によって違いますが、お金が目的と言う方もいれば、ライターなどで自分の文章力を磨いてスキルアップする為に副業をしているという方もいらっしゃいます。

翻訳家はライターや通訳などいろいろな副業ができる特殊スキルを持ってる人たちですから、副業も見つけやすく需要も高いのが特徴です。ちょっとしたお小遣い稼ぎに副業をしている翻訳家し決して珍しくありません。

翻訳家に向いている副業

個々の能力が高い翻訳家…副業の需要があることがわかったところで、ここからが本番です。
翻訳家に向いている副業はどんな仕事なのかを見てみましょう。

たくさんある副業の中から特に翻訳家に向ているものをピックアップしましたので、要チェックです。

これから副業を始めると言う翻訳家のみなさんは、自分の生活スタイルや副業に割ける時間によって選んでみると良いでしょう。

1.求人サイト

1.求人サイト

求人サイトとは、キャリコネなどの求人情報を集めたいサイトの事です。

キャリコネは、あらゆる職種の方の転職を応援するサイトで、翻訳家にぴったりの転職を先や副業もたくさん掲載されています。

今や、ネットでの転職先探しや副業探しはもはや常識…。
「翻訳家で副業したい!転職したい!」という方はまずはキャリコネに登録されてみてはいかがでしょうか。

【無料】10万件の企業口コミが掲載!失敗しない転職が可能
キャリコネの公式サイト
※企業の面接内容までわかりる!口コミ・年収情報は国内最大級

2.クラウドソーシングサービス

2.クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは、クラウドワークスなどに代表されるネット上のサービスです。

【副業】クラウドソーシングでお金を稼ぐには?

【副業】クラウドソーシングでお金を稼ぐには?

2017年9月25日

仕事を依頼したいクライアントと、受注したいフリーランスをマッチングするのかクラウドソーシングサービスの目的です。
自分で副業をしようとしてもなかなかそんな出会いはありませんよね。
ですが、クラウドソーシングサービスを使えば自分が仕事をしてくれる人を探している企業や個人をすぐに見つけられます。

登録は無料ですので、気軽に利用できます。マッチングから支払い管理までクラウドソーシングサービス上でできるのも嬉しいポイントです。

どこの誰かも解らないクライアントと仕事をするのは不安ですが、クラウドソーシングサービスを使えば未払いの心配もなく安心して仕事ができます。

翻訳家やライターの仕事もたくさん募集されているので、翻訳家の副業探しにオススメです。

【無料】TV新聞で話題沸騰!お仕事マッチングサイト
クラウドワークスの公式サイト
※日本最大級のクラウドソーシング!資格不要で在宅で稼げます

3.アメリアネットワーク

3.アメリアネットワーク

アメリアネットワークとは、翻訳家の仕事獲得を応援しているサイトです。

登録すると、300兼もの翻訳関係の仕事に応募できるほか、仕事のためのカウンセリングや仲間との交流。
そして、様々な会員特典を利用できます。

翻訳家に特化したサイトなので、膨大な募集から翻訳家の仕事を探す手間もなく優良案件と出会える確率がたかくなります。

毎月届けられる情報誌『Amelia』は翻訳の仕事への理解を深めるのに役立つ特集記事やコラムが掲載されていて好評です。
そして、トライアル課題も収録されているのでスキルアップに役立ってくれます。

翻訳家ならまずは登録したいのがアメリアネットワークです。

【翻訳家向け】翻訳専門の会員制サービスなので仕事の受注がしやすい!
アメリアの公式サイト
※翻訳関連の求人を常時約300件掲載、未経験でも応募可能!

翻訳家が副業で成功するコツ

翻訳家が副業で成功するコツ

翻訳家が副業で成功するコツ、それは自分が持っている語学力や文章力を最大に生かした副業をいかに効率的に見つけるかです。

キャリコネやクラウドワークス、アメリアネットワークなどをうまく利用すれば自分のスキルをお金に変えることができる魅力的な副業と出会える確率が高くなります。

本業の翻訳家とは全く違う副業をするのも悪くありませんが、折角、語学力があるのですから副業でこれを生かさないのはもったいないです。
ライターや通訳、文字起しなどで単価が高いものをピックアップして、効率的に副業をしていきましょう。

そして、本業の翻訳家に悪影響がない範囲での副業を心がけて健康にも留意したいですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は翻訳家の仕事内容や労働環境、そして、副業についてご紹介させていただきました。

今回のまとめ

  • 翻訳家の労働環境はインドアにも関わらずかなりハード
  • お金やスキルアップを目的に副業をしている翻訳家はたくさんいる
  • 翻訳家は自分のスキルを活かせる副業をするのがおすすめ

副業を始める際は、語学力や翻訳力を活かしてできる仕事がおすすめです。

インターネットを通してデータをやり取りできるクラウドソーシングサービスなどを使えば簡単に副業が始められます。
翻訳の仕事もクラウドソーシングサービスなどで多数の依頼募集がされています。
翻訳家であれば、クラウドソーシングサービスを利用することで、仕事を受注しやすく効率よく稼ぐことが可能です。

これから、副業してみたいと考えている翻訳家の方は是非今回の内容を参考にされてくださいね。
副業をして生活をもっと豊かにしていきましょう。

Source: New feed2019年最新 お金を稼ぐ方法まとめ | 副業ラボ

最新情報をチェックしよう!